横浜駅西口歯科口腔外科|親知らず抜歯 専門外来

Wisdom tooth
親知らず

Wisdom tooth
親知らず

親知らずの抜歯の際に痛みへ
最大限の配慮を
行っております。

親知らず専門外来のHPを
公開致しました。

他の医院で親知らずの抜歯を断られた方もお気軽にご相談下さい。

当院には大学病院や総合病院で難しい抜歯を多数経験している医師が在籍しており、親知らず専門外来チームとして診療しております。
他院で抜歯を断られた方もぜひご来院ください。
また、当院には日本口腔外科学会認定医が5名在籍しており、親知らず専門外来チームとして診療しております。

親知らずとは?

一般的に17~30歳頃に生えてくる前歯から数えて8番目の歯のことをいいます。
永久歯の中で一番最後に生えてくるためスペースがなく、横や斜めに傾いたり、骨の中に埋まったまま生えてこない場合があります。
このような親知らずは腫れたり隣の歯まで虫歯になることが多く、トラブルの原因になりがちですので、抜歯した方が良いでしょう。
歯磨きを頑張れば抜かないでいいケースもあります。

※ 写真は左下親知らず抜歯後、2日目の状態です。

親知らずの生え方

真っすぐタイプ

親知らずがまっすぐ生えていて、上の歯と噛み合っているのでちゃんと磨ければ残せるケースです。
黄色い線は神経の通っている管を示します。

水平埋伏タイプ

親知らずが横を向いて埋まっていて隣の歯が虫歯になったり、清掃性が悪いために炎症を起こして腫れてしまうリスクが高いために抜歯をしたほうがいいケースです。
黄色い線は神経の通っている管を示します。
親知らずと神経が近い場合は安全のためにCT撮影をして位置関係を確認します。

親知らずを
抜歯するときのリスク

特に抜歯後の腫れや痛みについて

親知らずに限らず、一般的な抜歯についてですが、外科的な侵襲を加えることになります。体は侵襲に対して治ろうとします。
そのときに起こるのが炎症です。
炎症とは①発赤、②腫脹、③発熱、④疼痛、⑤機能障害を特徴とする生体反応です。傷を治すためには必ず炎症が起きます。
親知らずの抜歯では、歯ぐきを切開したり、親知らずの周りの骨を削ることがあるので炎症が強く出現します。
親知らずの抜歯で腫れたり痛みが出たりするのはそのせいです。アメ玉を口にいれているように大きく腫れる場合もあります。
ただし、必ず炎症が強くでるわけではありません。まっすぐ生えていたりする場合は炎症が強く出ないこともあります。
傷口が治るために炎症は必ず起きます。ただし、炎症が強く出ないようにすることもできます。

当院の処置時の痛み及び不快症状に対する配慮

① 麻酔の痛みを最小限にするために表面麻酔を行う
② 麻酔の針は極細針を使い、麻酔薬も人肌程度に温めてから使う
③ 麻酔を効かせるための技術を全てのドクターが習得
④ 最高品質の切削器具を用いることにより切削時の不快な振動を最小限に抑え、処置時間も短く抑える

当院の抜歯後の炎症を最小限にする配慮

① 最小限の切開
② 最小限の骨削除
③ 抗生物質、鎮痛剤の術前投与(もちろん術後投与も)
④ 抜歯前に炎症がある場合は消炎処置

侵襲を最小限にすることで炎症も最小限になります。

親知らず抜歯の流れ

親知らずの抜歯前のレントゲン写真

親知らずの抜歯の流れ

切開する位置に線をひきます。
切開し抜歯を行います。
抜歯後縫合を行います。

抜歯後の親知らず

親知らずの抜歯症例

難抜歯症例1

画像の黄色い二重線で描かれた部分に下歯槽神経という下唇と下の歯の感覚の神経が通っています。
また親知らずの根が曲がっており、抜歯が困難なケースです。
親知らずと神経が近接していると術後神経麻痺のリスクが高まります。
安全に抜歯するため、CT撮影をして、神経と親知らずの位置関係をしっかり確認してから抜歯させて頂きました。
術後の神経麻痺等はなく経過良好です。

他の医院で親知らずの抜歯を断られた方もお気軽にご相談下さい。

当院には大学病院や総合病院で難しい抜歯を多数経験している医師が在籍しており、親知らず専門外来チームとして診療しております。
他院で抜歯を断られた方もぜひご来院ください。

親知らず 抜歯・治療についてよくあるご質問

親知らずってなんですか?

親知らず(親不知)とは前歯(中切歯)から8番目の歯で最も奥に生える歯のことです。
20歳くらいから生えてくることが多く、親がその生え始めを知らないことからこのような名前がついたとされています。
上下左右で1本ずつあり合計4本あります。正式には第3大臼歯という名前です。智歯(ちし)とも言います。

親知らずは抜かないといけませんか?

親知らずの一部だけが歯肉から出ている場合や、横に埋まっていたりすると、歯肉が腫れてきたり、痛みの原因となることがあります。その場合は抜いたほうが良いと思われます。
また、親知らずが原因で親知らずの1つ手前の歯がむし歯になることがあり、その場合も手前の歯を守るために親知らずの抜歯が必要です。

なぜ親知らずのまわりが痛くなったり、腫れたりするのですか?

歯と歯肉の隙間から細菌が入り込み、痛みや腫れ(炎症)を引き起こします。
親知らずが完全に埋まっていても、細菌が入り込む隙間はあるため、痛みや腫れを引き起こすことがあります。
要するに細菌感染が原因となります。

痛みや腫れ以外にどのような症状がありますか?

炎症が喉に広がると飲みこみの時に喉に痛みを感じたり、飲みこみにくさを感じます。また、口を開けたり閉じたりする筋肉に炎症が及ぶと口が開きづらくなったり、口を開けた時にあごに痛みを感じます。
炎症が首の方に及ぶと首が腫れることがあります。一番怖いのが、炎症が喉の奥に及ぶと、気道を塞いでしまい呼吸困難となる場合があり、早急な治療が必要になります。

抜かないで治す方法はありますか?

親知らずの痛みは細菌によるものの場合がほとんどです。抗生物質を飲めば細菌の量を減らせるので、一時的に症状を改善することができます。
ただ、時間がたつと細菌が増殖してきますので、抜歯をして細菌が溜まらないようにしないと根本的な解決にはなりません。

痛みがあるのですぐに親知らずを抜いてほしいです。
すぐに抜けますか?

痛みがある状態は炎症が起きている状態です。
炎症がある状態で抜歯をすると、麻酔が効きにくかったり、抜歯後の炎症がさらに強くなるので抜歯はできません。痛みがある場合はまずは抗生物質を飲んで炎症をおさえてから抜歯を試みるのが鉄則です。

他の歯科医院で大学病院を勧められました。
普通の歯医者さんでも抜けませんか?

大学病院でおこなっている治療を当院でもおこなっています。
ただし、全身麻酔適応の場合や、動脈に近く多量の出血のリスクがある場合などは大学をお勧めさせていただくことがございます。まずはお気軽にご相談ください。

親知らずの抜歯は痛いですか?

しっかり麻酔を効かせて抜歯を行いますので抜歯中はほとんど痛みは感じません。
麻酔は表面麻酔をしっかり効かせてから注射の麻酔を行いますので、麻酔薬を注入している際の不快感を軽減させながら行います。
万が一、抜歯中に痛みがある場合は麻酔を追加して痛みがない状態にします。痛みがあるうちは抜歯をしませんので安心してください。

親知らずの抜歯は腫れますか?

抜歯後は必ず腫れます。腫れの程度は個人差がありますが、ほとんど目立たない場合からまわりから見ても腫れているのが分かるくらい腫れる場合もあります。抜歯の翌日か翌々日が腫れのピークになります。その後は自然と引いてきます。
抜歯後に1~2週のあいだに、旅行、出張、プレゼンなどの大事な行事がある場合は抜歯をお勧めしません。大事な行事の際に腫れが引いていなかったり、痛みが残っている場合がありますので、よほどの理由がない限り、1~2週間になにもない時期の抜歯をお勧めします。

親知らずは神経に近いと聞きましたが、抜いても大丈夫ですか?

下あごの骨の中に下顎管という管があり、その中に神経(下歯槽神経)と血管が通っています。
親知らずが神経に近い、あるいは接している場合、抜いたあとにしびれなどの症状が出る場合があります(オトガイ神経マヒ)。
マヒがおこる可能性は数%と言われていますが、当院では抜歯前にCTを撮影し、親知らずと神経の位置関係を把握したうえで、マヒが出ないように対策をしています。

親知らずの抜歯はいくらかかりますか?

埋まっている親知らずの抜歯は保険診療で約1万円で、3割負担だと約3000円になります。
初診当日に埋まっている親知らずを1本抜歯すると、初診料、検査料、CT、処方箋などを含め、約1万円になります。

親知らずは4本まとめて抜けますか?

抜けます。もちろん1本だけ抜歯をした時と比べれば、術後の腫れが両側に出たり、食事はしにくくなりますが、手術は1回で済みますので遠方の方や処置を1回で済ませたい方で希望される方が多いです。親知らずの難易度にもよりますが、処置時間や術後の合併症などに同意して頂けてればほとんどの場合は日帰りで処置は可能です。熟練した口腔外科医がいて、親知らず抜歯の体制が整った当院ならでは可能な処置です。

予約キャンセルについて

親知らず専門外来は迅速に対応するため日々務めておりますが大変混雑しております。
体調不良など、やむを得ない場合を除き、当日のキャンセル、または無断キャンセルはご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
皆様のご理解とご協力をお願い致します。また、キャンセルの場合は3日前までにご連絡ください。

メニューを閉じる